最良の翻訳会社を探す前に|提供しているサービスをチェック

アルファベット

グローバル化に対応する

個人的な文書もビジネス文書も翻訳代行サービスを利用すると、簡単に、しかも精度の高い文書を作る事が可能です。様々な種類の文書に対応でき、さらに多数の言語にも対応しているので、新たな分野や新たな取引先を増やすきっかけになります。グローバル化に対応していきましょう。

詳しく見る

辞書

確認すべきポイントとは

翻訳会社を選ぶときは、対応言語の数、現地オフィスの有無、過去の実績、依頼したい内容に精通しているかなどを確認しておきましょう。対応言語は多いほどよく、現地オフィスはある方が質の高い翻訳につながりやすくなります。

詳しく見る

男女

翻訳とその利用

企業においては、正確な翻訳が必要になる。これらの翻訳を行う場合、翻訳代行会社の活用が効果的である。WEBサイトから文書投函することで文章を授受できるなど、利便性の高いサービスが多い。また、文字数により料金設定されているサービスが主流である。

詳しく見る

ABC

費用の決め方とは

翻訳会社の費用は元の言語の一文字あたりまたは一単語あたりの単価で決まることが多いです。完成品の量で決まる算出方法は近年あまり使われていません。文書の種類や翻訳者の経歴などにより単価は変わりますが、良心的な会社では価格表があることが多く金額がわかりやすくなっています。

詳しく見る

女性

企業にとって大切な存在

翻訳代行サービスは外国との交渉が多い企業にとって心強い存在で、様々な場面において翻訳代行サービスは利用されています。基本的に翻訳代行サービスでは多言語に対応しているので、複数の国との交渉に適しています。

詳しく見る

翻訳を専門とする会社

PC操作

提供するサービスとは

グローバル化に伴い、海外との取引や、海外進出する機会が増えてきています。それに伴い、翻訳サービスの必要性も増えてきています。翻訳は翻訳会社に外注するのが一般的です。簡単な文書であれば自社で翻訳することもありえますが、複雑な文書やボリュームのある文書の場合は外注した方が手っ取り早いですし確実です。翻訳会社はコーディネーター、翻訳者、校正者といった人員で構成されています。人数が多い翻訳会社だと営業スタッフや事務スタッフがいることもありますが、人数が少ないところでは兼任していることも多いです。翻訳は一人の翻訳者による翻訳では不十分なことが多いため、相互チェックや校正が不可欠なため、複数の翻訳者を抱えていたり、多くのフリーランスの翻訳者と契約していたりすることが一般的です。翻訳会社と一口に言っても、対応言語、専門分野、コストなどはそれぞれです。翻訳は大きく分けて出版翻訳、産業翻訳、映像翻訳に分かれますが、それぞれの中でも細分化されています。翻訳は単に言語を訳せばよいというものではなく、その内容についてきちんと理解していないと質の高い翻訳はできないものです。そのため、会社やサービス、翻訳者を選ぶときは依頼したい内容に精通しているかを確認して選ぶ必要があります。近年はクラウドソーシングも発達しているので、フリーランスの翻訳者も増えてきています。ですがフリーランスだと質がバラバラなので、翻訳会社に依頼する方が手間要らずで質も保証されているといえます。

Copyright© 2017 最良の翻訳会社を探す前に|提供しているサービスをチェック All Rights Reserved.